先天性と後天性がある

乳首の色は本来、眼や髪の毛の色が違うように遺伝などの先天的要因によって決められています。

 

 

メラニン色素の量によって乳首の色は個人個人で違ってきますが、遺伝以外の原因で黒ずんでいく事もあります。
乳首が黒い原因には「摩擦」や「加齢」、「妊娠」等があげられます。

 

 

 

 胸は一日を通して下着の摩擦を受けています。
下着のサイズが合わなかったり素材の良くない敷いた儀を付けていると布とこすれて乳首に傷が付いてしまいます。

 

 

このように胸に刺激を与えるとメラニン色素が肌を守ろうとして過剰に発生してしまい黒い原因となってしまうのです。

 

 

 

 加齢による黒ずみは、年齢を重ねると新陳代謝が悪くなっていきます、
肌のターンオーバーの周期が長くなる事によって古い角質が肌の表面に残り黒ずみの原因になってしまいます。

 

 

 

特に栄養バランスが偏っていたり、喫煙の習慣がある人はターンオーバーの乱れがひどくなり、若い方でも黒ずみが目立つようになってしまいます。

 

 

 

 妊娠によるホルモンバランスの乱れも乳首が黒くなる原因の一つとなります。
妊娠すると女性ホルモンが多く分泌されるようになります。

 

 

 

この女性ホルモンがメラニン色素を刺激し増加させ乳首を黒く変化させます。
しかし、妊娠による黒ずみは一時的な物なので出産を終えてホルモンバランスが正常に戻ると黒ずみも元に戻ります。